毎年823日に行われている
新潟県・長岡市の長岡まつり花火大会をご存じですか?


この長岡花火大会は有名で、
場所は信濃川河川敷で夕方から行われているのですが、
正三尺玉・ナイアガラ大瀑布・各種スターマイン・市民花火・メッセージ花火・デザイン花火・光のメッセージなど色んな種類の花火があがります。

特にこの三尺玉は本当にすごい!!

何がすごいってあの音!!あの大きさ!!あの迫力!!!
見たことない人は是非観に行って下さい!!




 (写真はイメージです)



この有名な花火大会を開催している
長岡市にもりぞうの長岡モデルハウスがあります。


花火大会だけではなく、新潟県はお米でも有名なので
定食屋さんやカフェなどのお店もたくさんあり、
日々太らない様努力している長岡支店メンバーです(笑)





 

長岡モデルハウスの外観は一見平屋建てに見えますが、
実は2階建になっています。

内観は心の安らぎを演出するひのきが
強く感じる空間がたくさんあります。

 


 

 


長岡支店社員のお勧め!それは和室を是非見て頂きたい!!
と口を揃えて言います。


何故なら、天気のいい日に和室に入る光が
外の庭に植えてある黒筑を通り、障子に映し出すのです!
とても素敵な空間で、来場される皆様が
とてもホッとされる空間になっているのです。

 




来場されたことのない方は日本の和を感じに
是非一度来場してみて下さいね。


 

ちなみにですが、長岡モデルでは6月に来場して下さった
皆様に限定で木曾ひのきのお箸をプレゼントしています!

家づくりを考えている方は是非来場下さい。


 

 


社員一同、皆様に会える日を楽しみにしています!!

 

いよいよI様邸の基礎づくりが始まりました。


 

基礎はベタ基礎で、鉄筋はD13異型鉄筋を使用します。


D13異型鉄筋?.JPG


全面に格子状に組んでいきます。


図面確認?.JPG


中にはD10鉄筋をダブルで組む会社もありますが、
13鉄筋をシングルで組むほうが
コンクリートのかぶり厚を考えた場合、
適切に確実にかぶり厚が確保されるという考え方から
シングルにしています。



このかぶり厚がなぜ大切かというと
コンクリートというのはアルカリ性で
鉄をサビから守ることが出来ます。


ところがコンクリートと言えども経年変化で
表面から少しずつ中性化していくため
充分なかぶり圧がないと中の鉄筋に悪影響が出るのです。

 


結束します?.JPG


図面を確認しながら慎重に配していきます。




ベタ基礎?.JPG


 

基礎の立ち上がり部分にも断熱材が入ります!

 



断熱材も入ります?.JPG

 

次はどんな作業が行われるか、楽しみです!!

次回もお楽しみに!!

 

 

静岡支店が今建築しているK谷様邸を本日からご紹介します。


 

K谷様は5人家族です。


地鎮祭?.JPG

家づくりを考えた際、お父様は
「無垢の木材を使用してしっかりとした家を建てたい」、
一方若夫婦は「外観はメンテナンスがいらないタイル張りにしたい」
というこだわりがありました。


 

ご家族の皆様の夢や想いがたくさんつまった家づくり、
どなたにも妥協はして欲しくありません。


もりぞうは皆様のこだわりを実現させる住宅会社です!
ですからK谷様邸のようにご家族皆様のこだわりを
取り入れながら家を建築することが出来るのです。


 

K谷様ご家族はこの2つのこだわり以外にも、
良い素材を使用し、耐久性のある家づくりをして欲しいという
想いもあり、色々ご検討された結果、木曾ひのきという素材、
「もりぞうの大工さんは腕がいい」と周りの方からの推薦もあり、
K谷様はもりぞうで家づくりをすることを決めて下さいました。


 

外装のタイルは悩みに悩まれ、
石面と白亜のツートンのものを使用します。
このタイルはハイドロテクトという光触媒で、
汚れも雨で落ちるような性質があります。

 

 

さてそんなK谷様ですが4/3(土)に地鎮祭を行われました。


 

この日は晴天で、地鎮祭日よりでした!



地鎮祭?.JPG 地鎮祭?.JPG
 

 

K谷様のお子様も一緒に参加され、
ご家族にとっての大切な家づくりへの素敵な一日になりました。



地鎮祭?.JPG


 

K谷様、これから一生懸命頑張りますので、
どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

「家自慢!」 第4弾!! 


今日は富山支店が担当したK様邸のご紹介をします!


外観?.JPG 
引渡?.JPG

 

魚津市にお住まいのK様、
もりぞうがK様の家づくりをお手伝いさせて
頂くことになったきっかけは、
魚津市の住宅展示場にないハウスメーカーを見てみたい!
と考えられ、富山市にある「ジュートピア富山」展示場に
足を運んでいただき、もりぞうに来場して下さったことからでした。


 

今回は担当させて頂いた富山支店が
K様にインタビューしてきました!!



特にK様が家づくりを考えられている皆様に
伝えたい2つのことをご紹介します!!



ご主人と奥様?.JPG


 

●もりぞうのどこを気に入って下さったのですか?


 

⇒ご主人)


間取りのアイディアや斬新さもすごかったけど、
何と言っても躯体内換気や木曾ひのき!!
木曾ひのきを知りたくて「木曾ひのき体験ツアー」に
参加して勝野木材に行ったのが大きかったね!!

あそこまで一本一本素材からこだわっているのを見せられ、
更に勝野社長の木曾ひのきと自分の仕事に対する
熱い想いを聞いたら感動しちゃったよ!!





●家づくりを検討している方に一言伝えるとしたら?


⇒ご主人)


いっぱい悩んで、でも答えが出なかったら
もう建ててみたら?って思うよ!

僕の家は家に帰ったら冬でもエアコンが
ほとんどなくても暖かいし、夏は涼しい。
光熱費は今まで住んでいた家より半分以下になった、
そしてなによりすごく快適!!

家づくりを考えるなら「性能」も十分考えること!
この性能を重視すると住んでみて絶対満足するし、
それが快適につながるよ!
文句のつけどころが本当に無いね。



ご主人?.JPG


⇒奥様)


住んでみて実感しましたが、
決して「高い買い物」じゃなかったですね。
娘たちも将来もりぞうで建てるって言ってます(笑)
本当にもりぞうにして良かったって思います。


娘さん?.JPG



K様はもりぞうで建築後、魚津駅前に
「ash」というバーを経営しています。

店員さんはみなさん家族というアットホームでありながら、
とてもおしゃれな雰囲気のお店です!!


お店内装?.JPG お店内装?.JPG


ご主人に

●もりぞうHPを見てお店に来た方へのサービスはある?
 と聞いてみたら・・・


⇒ご主人)

1ドリンクサービスしますよ!!
もりぞうの名刺を持ってきてもいいし、
家の住み心地を聞いてくれてもいいし!!
『もりぞう』という社名がでたらOK!!

とのことです!


お店内装?.JPG


実はもりぞう社員も気がつくといつもお邪魔しています(笑)
本当にK様ご家族は温かくホットさせてくれます。


お店内装?.JPG

お近くの方は是非!温かさを求めて
「ash」へ行ってみて下さい!
そして次の日はもりぞうの展示場へ足を運んで頂き、
木曾ひのきの香りに癒されに来て下さい!!


K様、ありがとうございました!!


そしてまたお店にお邪魔させて頂きますね!!


☆★☆ash情報☆★☆

ash

富山県魚津市駅前新町10-18 EVERYONEビル 2F

TEL;0765-22-7266

OPEN;PM9;00〜

定休日;日曜日(月曜日が祝日の場合は日曜日営業、月曜日休み)

名刺?.JPG 名刺?.JPG

またまたご当地名産の紹介です!
今回は山梨県!!



山梨県の名産と言えば・・・桃やぶどうやワインですね!!
お土産としては信玄餅も有名ですね。
必ず買う方もいるのでは!!
最近では「クロ玉」というのも人気らしいですよ!!

遊びに行った帰りにはほうとうを食べて
帰る方もいるかと思います
(私は“小作”のほうとうが大好きです!)

 


ほうとう?.JPG



 

名産物やレジャー施設がたくさんある山梨県。

霊峰富士を南に、北西には八ヶ岳、
西には南アルプス天然水が流れる駒ケ岳を望める
自然豊かな環境に囲まれた場所に
もりぞう・山梨支店が運営する
『昭和モデル』と『甲府和戸モデル』の
2つのモデルハウスがあります。


(「昭和モデル」の名前は昭和っぽいからではなく、
昭和住宅公園内にあるので昭和モデルと呼んでいます)


 

この2つのうち、もりぞう・モデルハウスの中でも
大人気な「スカイテラスのある家」と名称がついている
「甲府和戸モデル」を中心に今回はご紹介します!!

 


甲府和戸モデル・外観?.JPG 甲府和戸モデル・外観?.JPG

 

“山梨特有の傾斜地で建てたら?”がキーワードです。


その理由は・・・
“甲府盆地を一望できる”をテーマにしてデザインしています。

それだけではありません。

夜には星空が見えるようになっているのです!

モデルハウスには望遠鏡も設置してあり、
ひょっとしたら流れ星が見えるかも!!



望遠鏡?.JPG
 

 

内観は全体的に家族の気配を感じ取れる『絆』を
強く印象つける雰囲気に仕上げてあり、
間取りが独特な展開になっています。

 



室内吹抜け?.JPG リビング?.JPG

寝室?.JPG 和室?.JPG

 

来場された際にはこの独特な空間を楽しんで下さいね!!

 

またこの「スカイテラスのある家」=甲府和戸モデルは、
●●年のグッドデザイン賞を受賞しています。


本当に魅力があるデザインです。

楽しいイベントも追時行っておりますので、
是非一度足を運んでみて下さい!!

 

山梨支店社員一同、心よりお待ちしております。




夜の外観?.JPG 

 

 

 

今回は茨城支店が担当する
O様邸のこだわりの家づくりをご紹介します。


 

4人家族で住まわれるO様ご一家。

O様の家づくりのテーマは
『温かみのある無垢素材を使った古民家風の家』です。



日本人を落ち着かせ懐かしい雰囲気にしてくれる
ぬくもりと安らぎを大切にしたいという想い、
そしてご実家が冬場はとても寒いことから
性能面を重視しもりぞうを選んでいただけました。


 

天候にもとても恵まれた5/29(土)の朝、
地縄張りと地鎮祭を行いました。


地鎮祭には奥様のご両親様も一緒に参加して下さいました。



地鎮祭?.JPG 地鎮祭?.JPG
 


ここで地鎮祭に際し、
一般的に準備しておくものをご紹介します。


 

○お供え物(建築主が用意します)


1.
米(一合)

2. 清酒(一升)

3. 塩・水(一合)

4. 海の幸として魚(鯛または鰹節、するめ、昆布など)

5. 山の幸として野菜(大根や人参、蓮根、菜物など)

6. 果物(季節の物)

7. 紙コップまたは湯のみ(人数分)



地鎮祭?.JPG


 

○施工者が用意するものとして

1.   笹竹(4本)

2.  

3.   スコップ(又は鎌、鍬、鋤)

 

一般的には神式が多く、仏式、キリスト教式によって異なります。

また地域によっても全然違うので、その都度確認してみて下さいね!!


地鎮祭?.JPG 地鎮祭?.JPG
 


地鎮祭では土に鎌、鍬、鋤を入れますが、
その際『えい!えい!えい!』とかけ声をかけながら行います。

 


地鎮祭?.JPG 


O様はとても恥ずかしかったそうです。

 

 

次は上棟式です。

今時めずらしい餅まきをする予定です!!


 

以前はよく見た餅まきの習慣も、
今ではあまり見ることが無くなくなりました。


ただO様の建築地の近くには小学校もあり、
子供たちに家づくりの昔からの習慣を
体験して欲しいという思いからイベントとして
開催することになりました。

私も含めご家族皆様今から楽しみにしています。

 

O様、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

いつももりぞうが運営するブログ・『もりもり広場』を
ご覧になって頂き、ありがとうございます。


もりぞう・山梨支店よりお知らせです!!


森林鉄道に乗って森林浴を楽しんで頂きながら、
木曾ひのきの魅力を体感して頂く
『木曾ひのき体験ツアー』を開催致します!!


◇◆◇木曾ひのき体験ツアー◇◆◇

☆日時:6月20日(日) AM7:00〜PM6:00(予定)

☆ご参加頂ける人数に限りがあります!定員35名様まで!!

 ご参加希望の方、家づくりを考えていて興味がある方は
 まずはご連絡下さい!!
 
☆お電話での予約→TEL;055-268-5530 (山梨支店)

(受付時間:AM9:00〜PM8:00)


※定員制のため、予約がないとご参加頂けませんので、
あらかじめご了承ください。

※また定員になり次第、締め切らせて頂きます。


皆様のご参加、心よりお待ちしております!!




5/24(月)、I様邸の地鎮祭を行いました。


 

晴れますように・・・と願っていたのに、この日は雨でした。


でも、恵みの雨!と気持ちを切り替えて、地鎮祭を行いました。


地鎮祭?.JPG 地鎮祭?.JPG

 

◇地鎮祭の流れ(地域によって多少流れの違いがあるそうです)◇


 

■開式の辞

⇒参列者が所定の座に着席後、祭典を始める旨告げます

 

■修祓(しゅばつ)

⇒神前に於いて祓言葉(はらいことば)を奏上し、
    大麻(おおぬさ)で祓い清めます

 

■降神(こうしん)

 ⇒神籬に神様をお招きします

 

饌(けんせん)

 ⇒神前にお供え物をします

 

■祝詞奏上(のりとそうじょう)

 ⇒神前に工事の安全を願って祝詞を奏上します

 

四方祓(しほうばらえ)

 ⇒敷地の四隅と中央を祓い清め供え物をして土地の安全を願います。

 

■地鎮の儀(じちんのぎ)

 ⇒この儀式は、施主及施工者が初めてその土地に
手をつける意味であり、一般には施主が刈初。
施工者が穿初を行っています。

 

■玉串奉奠(たまぐしほうてん)

 ⇒玉串は工事の無事安全を祈って、その心を神に捧げるものです

 

撤饌(てっせん)

 ⇒お供え物を下げます


■昇神(しょうしん)

 ⇒神籬にお招きした神様にお帰りいただきます。

 

神職退下(しんしょくたいげ)

 ⇒以上で終了。その後、直会(なおらい)と言って神事に参加したもの一同で
神酒
を戴き神鐉を食します。


地鎮祭?.JPG 地鎮祭?.JPG


地鎮祭の意味を知るととても深いですね。

今までいくつものお施主様の地鎮祭に参加させて頂きましたが、
参加するたびに「地鎮祭」の意味を思い出し、
背筋が“ピンッ”とします。

 

I様ご夫婦も少し緊張されていましたが、直会の時には緊張がほぐれ、安心されていた様子でした。



地鎮祭?.JPG 地鎮祭?.JPG


I様のこだわりの家、社員一同一生懸命取り組ませて頂きます。

 

I様、これからもどうぞ宜しくお願い致します。


地鎮祭?.JPG 

「家自慢」!第3弾!!


今回は2008年に静岡支店が担当・引渡をした
Y山様邸をご紹介致します。


 

静岡県に面している駿河湾は、
伊豆半島最南端の石廊崎と御前崎を結ぶ線に囲まれた海域で、
日本の湾の中では一番深い湾です。


駿河湾?.JPG

(写真はイメージです)



イワシ、アジ、サバ、クルマエビ、イセエビ、
タカアシガニ等約1,000種の魚類が生息している駿河湾から
車で少し走ったところにY山様邸があります。



海鮮?.JPG


(写真はイメージです)



Y山様は家づくりを検討された際、
いくつも展示場を回られ、数社見積をとり
悩みに悩まれて弊社に決めて頂きました。

 

Y山様の家づくりへのこだわり、
それは地震が心配される地域のため
『耐震性が強い家』というのが一番のテーマにありました。

ご家族全員で展示場に「体験宿泊」をし、
実際に木曾ひのきを加工している工場への
見学ツアーにも参加して頂き、
木曾ひのきの希少価値、性能の良さ、輻射冷暖房の心地良さ、
デザインの良さを感じて頂き、決めて頂きました。

こちらがY山様邸です。

 





外観は庭が引き立つよう、
近代和風のデザインにしてあります。

近隣が農家の家が多く、玄関がとても広い家が多いので、
その中でも見栄えが良いよう
正面に坪庭が見えるように工夫しました。

 




 


よく近所の方が来てベンチに座りながら
おしゃべりを楽しんでいるそうです!


写真で見ただけでも分かるように緑があふれ素晴らしい坪庭です!






また内玄関を取付け、
ご家族の靴がお客様から見えないように設計士との
打合せで配慮されていました。


 

和室には、勝野木材さんの8寸角の大黒柱を使っています。


欄間はおじいさまが拘り選んだものを取り入れ、
とてもモダンで落ち着きのある部屋になっております。

 





居間は畳コーナーを一段上げて座るスペースと、
ソファで腰掛けるスペースの2つ作りました。

パソコンコーナーも設けていて、家族全員がのびのびと過ごせ、
また会話も弾む素敵な空間にしました。

 








居間だけでなく、キッチンとリビングでも
家族のコミュニケーションが図れるよう、
対面式ではなく振り向いて配膳ができるようにしました。






そして広い食卓テーブルで食事をすることによって
会話がうまれ、毎日家族全員で食事することを
楽しんでいるそうです。

このようなこだわりを実現することによって、
家族の絆が強くなっていくのですね!勉強になります。

 





Y山様邸は、『六面輻射室内冷暖房システム』を取り入れています。

これは、1台の冷暖房で家の隅々まで
冷房も暖房も除湿もできる理想の冷暖房システムなのですが、
Y山様・ご家族の皆様は家づくりを検討した際、
この『六面輻射室内冷暖房システム』を
取り入れるかどうかとても悩まれました。

何故なら、夏は暑い、冬は寒いは当たり前で
贅沢なシステムだと考えたからです。

また、Y山様が家づくりを検討した時には
『六面輻射室内冷暖房システム』が
まだ使われて10年くらいということもあり、
おじいさま・おばあさまは不安に思われたようです。

しかし、ご主人が電力会社に勤めているのですが、
電気代の節約=省エネにつながると考え、採用しました。

 

実際に暮らしてみると隣接している
おじいさま・おばあさまの家と、
夏・冬の温度差の比較が良く分かり、
おじいさま・おばあさまも今では快適な新築住宅の方で
くつろいでいるそうですよ。


 

“こだわりをもって家づくりをする”
この言葉の意味の大切さを、
引渡後の感想を聞くたびに痛感します。

お客様の笑顔が見たくて、
『もりぞうで建てて良かった』この言葉を聞きたくて、
もりぞう社員一同は今日も皆様のこだわりを実現するために
一生懸命に取り組みます。


Y山様ご家族の皆様、ご協力頂きまして
本当にありがとうございました。


また取材させて下さいね!!

日本三大美林の最高級木材である「木曾ひのき」の
魅力に触れることが出来る大好評のツアーを
東海支店が5/16(日)に開催しました。


 

木曾ひのき体験ツアーは
「いつかは木を素材として家を建てたい」と
考えている方ならどなたでも参加できます。


 

当日の朝は港モデルの前に集合。
天気は快晴で最高のツアー日和です!

 

 




バスで向かっている途中、
渓谷美で有名な柿其渓谷を通りました。





エメラルドグリーンの透き通った木曽川がとてもきれいで、
いつもお客様から歓声があがります。



 

 

 

また、柿其渓谷は木曽川の隠れ里ともいわれ、
秋には紅葉が楽しめます!!


紅葉?.JPG

(写真はイメージです)



到着すると、まずは「勝野木材」の工場見学です。


勝野木材は伐採から納入までを一貫して行っているので、
最高良質の「木曾ひのき」をより求めやすい価格で提供しています。






本日は木曾の森を守り続けていく使命感に溢れた勝野社長が、
丁寧に説明して下さいました。


 



(勝野社長、いつお会いしても素敵ですね!!)

 


木曾ひのきの香りが充満しているので、
ツアーに参加された方も五感で感じられていたようです。

 










 

こちらは出荷を待つ特一等の木曾ひのきの柱です。

 

 



 

広い工場内を移動しながら日本に一台しかない
特別な製材機も見る事ができました!!

これは見る価値ありです!!

 




工場見学後はもりぞう木曾モデルハウスにご案内しました。






木曾モデルは『和モダン』で仕上げてあります。

室内の柱の見せ方や『木』をテーマにした
工夫がしてありますので、きっと家づくりの
参考になると思います。

是非ツアーに参加された方は
木の色々な表現の仕方も楽しんで下さいね!!

 










 

皆様の住まいの近くにある総合展示場は
通常3年から5年で経年劣化が目立ち、
建て替えするケースが多いことをご存じですか?


 

本物の素材=木曾ひのきを使用するもりぞうの家は
5年以降から経年美を発揮してきます。

だからこの木曾モデルハウスも建て替えをしていません。

性能だけでなく、素材にこだわって!それがもりぞうです。


素材=木曾ひのきを見て、触って、
その活かし方を知ることで
お客様だけのコンセプトが出来上がります。

これが「こだわり住宅」の第一歩です!

木造で家づくりを考えている方には
一度は体験して頂きたい!
木曾ひのきをもっともっと知って頂きたい!
こだわって家づくりをして欲しい!

この想いこそ私たちもりぞうが木曾ひのき体験ツアーを
開催している理由です。


 

工場見学や木曾モデルハウス見学だけでなく、
木曾モデルハウス内に11家族限定で
「宿泊体験」も行っております。

全世界で住宅性能が最も高いとされる
北欧の基準値を更に上回っている超高性能レベル、
それが木曾モデルハウスです。

特に真夏と真冬の宿泊体験は忘れられないものになりますよ!!

また、木曾ひのきの香りによるリラックス効果で
睡眠の深さに驚かれる声を数多く聞かせて頂いております。

是非、ご自身で宿泊体験をしてみて下さいね!!
きっと色々な発見に出会うことと思います。


 

皆様からのお問い合わせで
「ツアーに子どもを連れて行っても大丈夫ですか?」と
心配される方がおります。

木曾モデルハウス内では子ども好きの担当者が
全てのお客様のお子様をお預かりして、
楽しく遊ぶコーナーを設けております。

保護者の方が工場見学をしている間、
DVDやおもちゃなど用意しておりますので、
安心して一緒に来て下さいね!!






 

ツアーに参加された皆様、一日いかがでしたか?

皆様の家づくりへの想い・こだわりが
より深くなりましたでしょうか?

 

今後も私たち・もりぞうに是非お手伝いさせて下さいね。


一日お付き合い頂き、ありがとうございました。


そしてこれからもどうぞ宜しくお願い致します。